ペットを飼うと長続きする?同棲カップルや夫婦が犬を飼うメリット、デメリット

こんにちは、さくです。

まだ結婚していないけど恋人と一緒にペットを飼いたい、結婚してるけどペットを飼ってみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

本記事では実際に犬を飼って3年間同棲している僕が実際に体験したメリットやデメリットをお伝えします!

[box06 title=”あわせて読みたい”]

犬、猫の分離不安対策やいたずら防止におすすめなペットカメラ3選

[/box06]

同棲相手とペットを飼うメリット

会話が増えて笑顔になれる

当たり前のことですが恋人同士や夫婦が一緒に住むと段々会話が減ってきてしまいます。

同棲して1年も経つといつの間にか必要な会話しかなくなり、別々で何かをしていることがどうしても多くなってきますよね。

ペットを一緒に飼うと共通の趣味が出来たように一緒にペットの成長を楽しんだり一緒に遊ぶことが増えますので、自然と会話が増え笑顔が多くなること間違いないです。

恋人が一時的にいなくても寂しくない

ペットがいると同棲相手が旅行でいない日や遅く帰ってくる日でもさみしさが軽減されて喪失感もあまりなくなります。

特にワンちゃんは寄り添ってくれることも多く、ペットという存在がいるだけで安心感を与えてくれます。

特に恋人に依存してしまっている人は是非ペットを飼うことをおすすめしたいです。

喧嘩してもすぐ仲直りできる

同棲しているとどうしても価値観のズレを感じて、離れている時に比べて喧嘩が多くなってしまいますよね。

犬には飼い主の心にも敏感で、喧嘩をしていると止めに入ろうとしたり慰めてくれるコが多いんです。

お互いペットのことが大好きだと別れるという選択肢も無くなるので、自然と仲直りしやすくなります。

責任感が持てるようになる

ペットを飼うと親としても経済的にも責任を持たないといけません。

一つの生命を預かっている身として幸せにしてあげるのが飼い主の義務だと思うのです。

なので責任感から何も考えず仕事を辞めたり、すぐに恋人と別れるということが無くなり人間的にも一歩成長していくことができます。

未来の子供に対しての態度が分かる

ペットを飼うということは子供がいるのと大差ないと個人的には思います。

話したり人間と同じような生活はできませんが、ペットにも心があり時にはしつけもしないといけません。

恋人のペットへの態度がこの先産まれる二人の子供への態度となる場合が多いので、結婚する前に相手の素の態度を見れるでしょう。

私生活でのペットへの態度を見てこの人と結婚しても大丈夫か判断できる材料にもなります。

子育ての練習になる

恋人と同棲していると家事分担をすることもあると思いますが、自分達意外の世話をすることはあまりありませんよね。

ペットがいるとどうしたらもっと幸せにできるか、快適に過ごせるかといった考え方が癖になったり何かあった時の対処にも慣れることができます。

そして子供もペットも予想できないことをしてしまったり、いたずらをすることだって多々あります。

ペットがいると生活している中で自然と危機察知能力がついたり、病気やいたずらなどの対処法も考える機会が増えるので、自然と子供ができても落ち着いて対応できるようになるはずです。

同棲相手とペットを飼うデメリット

意外とお金がかかる

餌代やトイレシート、ペットの保険料やトリミング代と犬種やペットの種類によっても多少変わりますが大体月5000円〜10000円は固定費がかかります。

ペットを飼う時にローンにするならさらにお金が必要です。

ペットは可愛いけど経済的に厳しくなり心に余裕がなくなるのは本末転倒となってしまいますので、経済的にある程度余裕ができてから飼うように心がけましょう。

別れたときには離ればなれになってしまう可能性も

たとえ同棲していてもどうしても価値観が合わず二人が別れてしまうことも時にはあるでしょう。

その場合、どちらが引き取るか余計にもめてしまったり相手に引き取られて2倍さみしい思いをしてしまうことも。

万が一別れても自分ひとりで飼える経済力があるか、別れた場合どちらが引き取るかなど事前に考えたり話合うことが大切です。

あまり旅行に行けなくなる

猫なら数日間家を空けても問題ありませんが、トイレの問題や餌の頻度の問題で犬などの場合は丸1日家を空けることが難しいです。

犬は飼い主と長い間離れると分離不安でストレスがたまってしまい、いたずらをしたり鳴きやまなかったりすることも少なくありません。

もしも長期間宿泊しなければいけない場合はどちらかの実家に預けるか、カメラ付きのペットホテルを利用すると良いでしょう。

 

また現代は共働きの同棲カップルや夫婦も多く、普段からあまり家にいなくてペットが心配という方もいるのではないでしょうか。

そんな時はどこにいてもペットを見守ってくれるペットカメラがおすすめです。

[box04 title=”Furboのここがすごい!”]

AIが愛犬の行動や人の行動をすぐに察知して飼い主のに自動で通知。
心配性な飼主にも安心♪

フルHD➕160度ワイドアングル➕4倍ズームも可能。
自動暗視にも対応している高品質カメラ搭載!

遠隔シャッターでいつでもペットの写真をパシャり。
ペットの可愛い姿も見逃しません!
マイクで大好きなペットと会話だってできちゃいます。

[/box04]

Furboの購入はこちら

まとめ

しっかりと最後まで一緒に過ごす覚悟を持った上で、恋人や家族と相談してよく考えてからペットを飼う事をおすすめします。

ペットを飼うのにも大変なことはありますが、実際にペットを飼ってみるとデメリットに勝る大きなメリットがあると実感させられます。

ペットは人間的にも成長させてくれますし、いつでもあなたの味方になってくれて良き人生のパートナーとなることでしょう。

ペットと幸せな生活を過ごしましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です