引きこもりニートが昼夜逆転してしまう原因と昼夜逆転生活の改善法を解説

こんにちは、元引きこもりのさくです。

引きこもりの方で、昼夜逆転の生活になってしまった経験がある方は多いのではないのでしょうか。

そのまま昼夜逆転生活を続けると、うつ病を誘発させてしまったり体調を崩すなど悪影響を及ぼす可能性も高くなってしまいます。

そんな昼夜逆転を改善するために、実際の僕の経験をまじえながら原因と改善法を解説していきます。

さっくん

実体験では昼夜逆転を改善すると心も身体も健康になっていくことを実感できました。

引きこもりが昼夜逆転してしまう原因

起きる時間が自由

引きこもりは基本的に時間に制約がありません。

起きる時間が決まっていないので、眠気が取れるまで延々と眠ってしまいます。

好きなだけ寝ると少しずつ起きる時間がずれていきます。

すると夜になってから起きるようになってしまい、昼夜逆転するきっかけになるのです。

夜のほうが気持ちが楽になる

社会から離脱した引きこもりは、一般の人が活動している時間に起きていると罪悪感を感じてしまい、無意識に夜に起きるようになることがあります。

実際に僕もそうでした。
引きこもりの自分の罪悪感と疎外感から無意識に朝や昼間に起きることを避けて、夜中に起きて深夜に活動するようになっていました。

カーテンを閉めっぱなし

引きこもっていると外が嫌いになりカーテンを閉めがちですよね。

カーテンを閉めて日光を浴びないと、睡眠を促すホルモンのメラトニンの分泌が不規則になり夜眠くならないといった症状が現れます。

そのため、体内時計の調節が上手くいかなくなるのです。

うつ病に近い精神状態

何かがきっかけで、活力を失い引きこもってしまった場合はうつ病もしくはうつ病予備軍になっている可能性が高いです。

逆に引きこもることで自信を無くし、活力を失っていくこともあります。

うつ病やうつ病予備軍になると、不安や疎外感から睡眠障害になってまう人が多くいるとわかっています。

実際に僕も引きこもっているときは精神が病んでしまい、ひたすら深夜にゲームをするなど現実逃避をしていました。

昼夜逆転生活のデメリット

社会と疎遠になる

引きこもっていると社会と疎遠になることはもちろんですが、昼夜逆転しているとさらに疎外感を感じてしまいます。

昼夜逆転していると引きこもりから脱出しようにもハードルが高くなっていくばかりです。

僕の経験からも昼夜逆転すると自分の世界だけで全て完結してしまい、孤独を感じて余計外に出れなくなり悪循環になっていました。

不規則な生活で体調を崩しやすくなる

昼夜逆転すると体内時計が狂い、様々な身体的不調が起きます。

昼に起きず慢性的な日照不足になっていると骨粗しょう症になりやすく、血液中のヘモグロビンが減少し貧血になったり、ビタミンDが生成されずガンになりやすくもなります。

実際に日光の少ない地域では大腸ガンによる死亡率が高くなるといデータもあります。

また日照不足は自律神経にも悪影響を与え、慢性的なだるさやめまい、頭痛にも繋がってしまうので注意が必要です。

実際に引きこもって昼夜逆転生活をしていると常に身体がだるく何かしらの身体の不調がありましたが、引きこもりを脱出して社会復帰した今では完治しています。

気分が落ち込みやすくなる

日照不足は、幸せホルモンのセロトニンの分泌量を少なくし、常に気だるく、幸福感も感じなくなってしまうなど精神的にも悪影響が多いです。

日照不足によりビタミンDが低下すると統合失調症にもなりやすくなるという研究もあります。

引きこもりからうつ病になると社会復帰まで時間がかかってしまいますので、少しずつ朝起きる習慣に戻すべきです。

実際に僕は精神面での悪循環から外に出るまで2年かかってしまいました。

引きこもりが昼夜逆転を改善する方法

日の光を浴びる

まずはハードルの低い日の光を浴びるところから始めましょう。

カーテンを開けておくと朝や昼には、睡眠を促すメラトニンが抑制され眠くなくなるので夜まで起きやすくなります。

引きこもりの方には少しハードルが高いかもしれませんが、人がいない散歩をすると日光をたくさん浴びることができ、気分もリフレッシュされるのでおすすめ。

夜に入浴する

夜の入浴は入眠しやすくなるので、不眠症や昼夜逆転している方は是非試してもらいたいです。

人の身体は深部体温が下がっていくと眠りにはいりやすくなります。

入浴は体の深部体温を一時的に上げて、発散していくので深部体温の下がり幅が大きくなり入眠しやすくなるのです。

お風呂から上がった数時間後に眠くなるのはこの効果によるもの。

うつ病患者や精神病になりかけてる人は、お風呂に入らないことが多いと言われています。

入浴することで睡眠の質を上げ、朝起きれるようになれば自然と精神状態も回復されるのです。

非公開: 【眠気や疲れの蓄積】確実に睡眠の質を高める6つのシンプルな方法

寝る時間を調節する

少し荒療治ですが、寝る時間を自ら調節する方法があります。

実際に僕も何度か試してみて、一時的に昼夜逆転を治すことができていました。

具体的には、方法が2つあります。

1つ目は、無理やり次の日の夕方〜夜まで起きる方法。

2つ目は、逆に朝もしくは昼まで寝る方法です。

簡単なのは2つ目の朝か昼まで寝るほうが楽なのでおすすめ。

例えば朝や昼に寝て夜に起きてしまった場合は、そのまま朝まで寝るようにしましょう。
寝れなくてもベッドで横になっているだけでも良いです。

そして朝になってから活動するようにすると自然と夜眠れる習慣に戻せます。

昼夜逆転生活の原因と改善法まとめ

以上で僕が実際に経験した昼夜逆転生活についての解説は終わりになります。

引きこもりを脱出するには昼夜逆転生活の改善が必須ですので、はやめに普通の生活習慣に戻していきましょう。

元不登校ひきこもりの僕がひきこもりを脱出した4つの方法 引きこもりニートが昼夜逆転してしまう原因と昼夜逆転生活の改善法を解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です