新入社員は飲み会に行かないと出世できない?最善の選択をする方法

こんにちは、さくです。

新入社員のあなたは会社の飲み会に行きたくないけど、先輩や上司の評価が下がってしまうのではないかと思い我慢して参加してる人も少なくないのではないでしょうか。

そこであなたが取るべき最善の選択は飲み会に行くことなのか、行かないことなのかを一緒に考えていきましょう。

飲み会の出席率は出世に直結しない

まず結論として飲み会は本当に行きたくないのであれば行かなくても問題ありません。
飲み会に行くことで仕事が円滑に進むようになることは事実ですが、
出世に関して直結するようなものではないです。

ただし出世するのに有利な要素にはなるということは知っていて損はないです。

会社では年度ごとに個人で目標を設定し上司が勤務態度などを評価すると思いますが、
上司も人ですから普段から一緒に飲みにいっているほうが印象もよく
高く評価してあげようという気持ちが少なからずあるはずです。

飲み会に行きたくないけど評価を少しでもあげたいという方は、
業務中に頻繁にコミュニケーションを取るようにすれば少なからず効果があります。

実際に僕が経験した会社のなかには、出世している人でも全く飲み会に参加しない人も多くいました。
飲み会に参加しなくても出世できる人は、プライベートの時間で勉強しているのか専門性に特化していたり技術が人より長けている方や家族との時間を大切にしている人ばかりでした。

飲み会にあえて参加せず自身で勉強したり自分の時間を大切にする選択肢ももちろんありだと思います。

[box06 title=”あわせて読みたい”]

【就職の面接に使える】仕事で出世したい社会人に必要な勘違いさせる力とは?ふろむだ氏の書籍レビュー

[/box06]

できれば入社したては参加したほうが良い


入社したばかりの新入社員は、
会社にメンバーに馴染むためにも最初の期間は飲み会に参加するようにすることが仕事の充実に繋がると身を持って実感しています。

そして新入社員は始めは何もできない状態ですからコミュニケーションだけでも取らないと先輩や上司から良くは思われない可能性はあります。

仕事は人生の大半の時間しめているので、社会人生活を充実させようと頑張るのも大きなメリットだと僕は思います。

もし飲み会に参加するにしても二次会以降の参加は基本的に自由です。
先輩か上司に誘われたら行く程度にしましょう。

体育会系の会社でも新入社員に終電以降も強制する会社はほぼないと思いますので安心して下さい。

参加する人数やメンバーで判断する


基本的には飲み会参加は自由ですが、普段コミュニケーションを取れない人に顔を売るチャンスでもあります。

会社であれば偉い人や会ったことない人がいる場合は、一度は会ってコミュニケーションを取ると人と協力する仕事がスムーズに進められるようになり良い印象を持ってもらえるでしょう。

何回か会っているメンバーばかりの場合や、
大人数の飲み会では参加しなくても気にする人はあまりいないので安心してください。

自分が本当に大切なものを見極めて行動する

行きたくない飲み会に無理して参加するのも最初のうちはいいかもしれません。

ですが出世したいがために無理をし続けるのも賢いとは思いません。

というのも残念ながら会社での昇進は年功序列だったり、昇給は1年でたったの月数千円という会社がほとんどだからです。

それならプライベートの時間を確保してあなたにとって大切な時間を過ごすべき。

プライベートの時間で副業するもよし、大切な人との時間をすごすのも良いでしょう。

人生は1度きりなので、自分の人生は自分でコントロールしたほうが幸福度も上がりますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

意外と新入社員で飲み会に悩んでる人を見ることが多いです。

一番大切なのは自分が今後どうなりたいか、自分にとって何が重要かを考え飲み会と天秤にかけて選択することです。

社会人なら流れに身を任すことなく自分の意志で行動することが、
今後のキャリアに好影響を与えます。

本質を見抜く力を手に入れて最善の選択をできるようになりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です