【悪用禁止】初対面の会話で女性と10倍はやく距離を縮める心理学的会話術

初めて会う女性や、やっと話す機会ができた女性と仲良くなりたい!と思う男性は多いですよね。

でも意外と

初対面の女性と何を話したらいいかわからない・・・

と頭を悩ませて、結局上手く話せず終わってしまうことがあるのではないでしょうか。

そんな悩みは心理学を利用すれば、相手は無意識にあなたに親近感を持つようになります。

そこで本記事では女性とグっと距離を縮める心理学的会話術をご紹介します。

これから紹介する会話術で型を作っておけば、女性のみならず初対面の人との会話をスムーズにすることができますよ

裏の顔を引き出して距離を縮める【アンビバレンスの法則】

突然ですがあなたは表に見せている自分と、普段は隠してる自分がいるのではないでしょうか?

さらには「食べたいけど、痩せたい」「好きだけど、嫌い」など矛盾した感情が湧くこともありますよね。

これが精神医学でも証明されているアンビバレンスの法則と呼ばれる心理なのです。

アンビバレンスの法則とは
同一の対象に対して相反する感情を同時に持ったり、交互に抱いたりすること

簡単に説明するとアンビバレンスの法則とは、物事には必ず二面性があるという法則です。

これは物や感情だけではなく、人の性格にも当てはまります。

たとえば、普段から明るく振舞っている人は本当は一人が好きだったりする可能性が高く、

逆に普段から暗い人は仲良くなった人や家族に対してはすごく明るく話す可能性が高いと言えます。

つまり印象とは逆のことを言ってあげると相手の本当の姿を当てられることが多いのです。

 

たとえばアンビバレンスの法則を利用して以下のように会話しましょう。

皆んなの前では明るいけど、本当は気遣って疲れてたり休日はインドアだったりするんじゃない?
なんでわかったの!?
本当は一人が好きなんだよね(本当の私をわかってくれた)

 

と本当の自分をわかってくれたと、あなたを信頼しはじめ距離をグッと縮めることができます。

人は人によく見られようと自分の理想の姿を表に出す心理があるので、当たる確率はかなり高いです。

もし外れてしまった場合は以下のように切り返しましょう。

へーそうなんだ。でもいつも気遣ってそうだから疲れてないのかな?って思ったんだよね。
心配してくれたんだ。ありがとう!(優しい人だな)

 

と相手を嫌な気持ちにはせず会話を進めることができます。

ちなみにこのアンビバレンス法則を使った会話が一番効果的なのは、ずばり美人な女性です。

美人こそ普段から表面的な褒められ方には慣れています。

しかし、その反動で本当の自分をわかってくれる人は少ないと感じています。

そこであなたが美人な女性の本当の姿を褒めると
あなただけはわかってくれると思い、特別な存在になることができるのです。

アンビバレンスの法則は女性以外にも使えるので試してみてはいかがでしょうか。

会話のポイント
ネガティブな発言  
「明るいけど本当は暗い人じゃない?」  
 などと相手を不快にする発言はマイナスです

断言口調  
「明るいけど本当は暗いでしょ」  
 と断言してしまうのも良くありません

褒めるor心配する  
 相手が本当は気を遣っているんじゃないかと  
 心配してあげたり、褒めてあげるようにすると  
 好感度が高いです

性格を当てて距離を縮める【バーナム効果】

まず僕があなたの性格を当ててみせます。

あなたは他人から好かれたいと思っており、周りの人をよく見て気を遣うことができるタイプです。その一方で、人に甘えたり頼りたいと思うこともあるでしょう。また普段は外交的で愛想がよいですが、内心では不安になることがあり、用心深く遠慮がちなこともときもあります。そしてあなたは自分の考えを持っていて根拠のない意見はあまり聞き入れない性格です。さらにあなたはひそかに願望を持っていますが、それは非現実的な傾向にある願望ではないでしょうか

 

あなたの性格に当てはまっているでしょうか?

当てはまると感じた方は、まんまと騙されています

このような占いによく使われる心理学的なバーナム効果も初対面の人と距離を縮めるのに有効です。

バーナム効果とは
誰にでも当てはまるような曖昧な性格にまつわる記述や言葉を自分だけに当てはまる性格だと捉えしまう心理的現象です。

これは人の確証バイアスという思考の偏りが原因で起きてしまうものです。

確証バイアスとは、自分の信じたいことや考え方を支持する証拠ばかり集めて自分が正しいと思い込んでしまう心理です。

 

バーナム効果は以下の実験で人間の心理がいかに確証バイアスに操られるかを証明しています。

フォアの実験
フォアは誰にでも当てはまる曖昧な性格を当てる文章を星座占いの文章を組み合わせて作文したのであった。フォアは学生たちに分析がどれだけ自分にあてはまっているかを0(まったく異なる)から5(非常に正確)の段階でそれぞれに評価させた。このときの平均点は4.26であった。
バーナム効果を利用した血液型診断
松岡圭祐の公式サイトには、かつてバーナム効果を利用した血液型性格判断サイト「究極の血液型心理検査」のページがあった。このページは検索サイト経由などで占い目的にやってくる一般の人々に多く利用されていて、最後に「当たっていると思う」「当たっていないと思う」の2択アンケートが行われ、常時8~9割の人々が「当たっていると思う」と回答している。
引用元:Wikipedia

会話では以下のようにバーナム効果を使うと
女性はあなたを自分のことをわかってくれる人だと認識します。

意外と純粋でピュアなところがありそうだね
疲れてそうだね。無理しちゃダメだよ
明るく振舞ってるけど、たまに一人ですごく落ち込むことがあるんじゃない?
僕で良ければいつでも話聞くからね

アンビバレンスの法則と似てる点もありますが、
このように誰でも当てはまる一面を言うだけで相手は性格を当てられたと思ってしまうのです。

会話が途切れそうなときや、盛り上げたい時に相手の性格や裏の顔を当てるとイッキに女性と距離を近づけることができます。

会話のポイント
何度も性格を当てようとしない
 胡散くさくなり信用されなくなります
外れた場合はフォロー
 もし外れてしまった場合は
 褒めつつ素直にそう思ったと言おう
会話を広げることを意識
 性格をあてるのは会話の切り口
 会話をひろげることを忘れずに

自己開示して本音を聞き出し距離を縮める【返報性の原理】

あなたも人に何かをされたら返したいと思うことがあるのではないでしょうか。

たとえば、スーパーで試食や試飲をすると返報性の原理により、買わなければいけないという感情がわきやすくなります。

返報性の原理(法則)とは
人に物を貰ったり、何かをしてもらったりすると無意識に「お返しをしなければならない」という感情を抱く心理的作用です。

お返しのハードルが低いほど、無意識にこの心理作用が強く働きます。

会話では自分の弱みや普段話さない過去の経験をはなし自己開示することで、相手も心を開いてくれるようになります。

初対面の女性との会話では以下のように話すと効果的です。

こうみえても実はすごいネガティブで心配性なんだよね。(自分の弱み)
実は昔、引きこもっていた時期があってさ・・(意外な過去の経験)

このように周りから見て意外な自分の弱みや経験を話します。

実は私も・・・

 

するとこのように相手は自己開示で返したくなる心理になるのです。

だれしも辛い過去や隠したい弱みなどを持っていますが、

自分から話すことで相手も自分をさらけ出しやすくなるのが返報性の原理によるもの。

このような会話ができると初対面の女性は、

あなたに親近感がわくのですぐに距離を縮めることができます。

 

さらに返報性の原理で相手が自己開示してくれると、認知的不協和の解消という心理が働きます。

認知的不協和の解消は、

初対面なのに自分をさらけ出してしまっているという矛盾を解消しようとする心理です。

このとき人は初対面なのに自己開示してしまっているという矛盾を

「自分はこの人を信頼しているから自己開示している」と思い込んで無意識に矛盾を解消します。

つまり、相手の本音や本当の性格を引き出すことで信頼関係を深めることができるのです。

会話のポイント
マイナスになることは言わない
 「本当はだらしないんだよね」といった
   明らかにマイナスになる発言はやめましょう

むやみに聞き出さない
   あくまで相手が自分のことを話はじめるまで待ちましょう

聞き役に徹する
 相手が自分の話をしてくれるようになったら
 徹底的に聞き役になりましょう

中断が相手を虜にする【ツァイガルニク効果】


あなたはドラマやアニメがいいところで終わるとすごく気になってしまうことがありませんか?

それはツァイガルニク効果によるものです。

ツァイガルニク効果とは
人は達成できた事柄よりも、達成できなかった事柄や中断した事柄のほうをよく覚えている心理的現象のこと。

また付き合うまでが楽しいといった恋愛的な心理も、達成していないことに夢中になっているからなんですね。

ツァイガルニク効果を利用するのはとても簡単で効果も強いです。

まず初対面の女性と話が盛り上がってきたところで急に相手にこう伝えましょう。

用事があるから今日はここらへんで帰るね。また遊ぼう

すると相手はこう反応するはずです。

えっ・・わかったまたね。(せっかく盛り上がってきたところだったのに・・)

 

盛り上がってきたところで急に話を中断させられると相手はビックリしますが

その後あなたのことが気になって仕方がなくなります。

中断することで次の機会を作れる確率も高まり、好感度も上がります。

盛り上がりすぎて途中で帰ることができなかった・・と言う方は

LINEで返信を遅らせるだけでもツァイガルニク効果は発揮されます。

会話のポイント
急に帰ると言う
 始めから帰ることを知られていては効果がありません

盛り上がりが最高潮のときを狙う
   あまり盛り上がっていないときに帰っても
   なんとも思われません

連絡先は必ず交換しておく
 連絡先はあらかじめ聞いておきましょう
 次の機会を作れるチャンスです

初対面の女性と距離を縮める方法まとめ

長くなってしまったので簡単にまとめます。

距離を縮める方法まとめ
・相手の裏の顔を引き出して会話を弾ませよう

・相手の性格を当てて特別な存在になろう

・自己開示して信頼関係を築こう

・中断して気になる存在になろう

人間の心理的な現象を理解することで、初対面に限らず人に好かれる存在となり人間関係を良くしていくことができますよ。

今後も心理学を利用した人生をよりよくするための簡単な方法を発信していきます。