【就職の面接に使える】仕事で出世したい社会人に必要な勘違いさせる力とは?ふろむだ氏の書籍レビュー

こんにちは、さくです。

あなたの周りに、なぜか評価されていたり出世している人っていませんか?

なんで評価されているのかわからない人が評価されて出世しているのは

実は「錯覚資産」を持っているからなんです。

本記事では錯覚資産について書かれているふろむださんの書籍

人生は、運よりも「勘違いさせる力」で決まっている

を読んだ感想と共感できた内容を書いていきます!

[chat face=”顔2.jpg” name=”さく” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=”maru”]このビジネス本には心理学や行動経済学が盛りこまれていて説得力もある。
社会人なりたてもしくは20代の方にぜひとも読んでみてほしい[/chat]

錯覚資産ってなに?

錯覚資産は他人があなたに抱く思考の錯覚、

そしてあなたにとって都合のいい思考の錯覚のことである。

簡単にいうとあなたに都合いいように他人を勘違いさせる力といったところでしょうか。

 

人には自分が自覚できていない、無意識に人の印象を書き換えている事実が存在しているとふろむだ氏の著書には書かれている。

実際に僕にも思い当たるふしが大いにあった。

あなたは人の

容姿

人柄

過去の実績・経歴

上記のいずれか一面しか見えていないのに、他の部分も優れているだろうと思い込んでいることはないか?

 

例えば、

明るく挨拶ができる人は仕事がデキる

顔が良いから性格も良いだろう

過去に大きな成果を上げているから次も成功するだろう

これ、全て勘違いです。

 

そんな勝手な思い込みを作っているのが心理学でいう「ハロー効果」といわれているものなんです。

次の章で詳しく説明します。

錯覚資産を作り出すハロー効果とは

まずハロー効果は簡単にいうと、

人に特徴的な優れている点があると他の側面でも優れている

もしくは人間としても優れている

と思い込んでしまう効果である。

ちなみにハロー効果のHaloは後光という意味でひとつが優れていると後光が差した人に見えるということ。

つまり仏や神のように神々しい光をまとっているように見えてしまう効果ということだろう。

 

人間は無意識にハロー効果の影響を受けていて、わかっていても対処できないもの。

何故なら人間は自分が直感で正しいと思ったことを信じる傾向にあり、そのほうが気持ちいいからだとふろむだ氏は言う。

実際にその通りだと思う。

 

例えば誰もが地位が高い人は全ての面で優れていると思い、言ってることも正しいと思ってしまうとことが多いはず。

でも実際にはそんなことわかりませんよね?

地位が高いということしかわからないのですから。

そんなことをわかっていながらも我々は、直感で地位が高い人の言ってることが正しいと思い込んで疑問なんていだかずに、同調しとけば間違いないなんて思っていませんか?

 

わかっていてもハロー効果に影響されてしまうのが人間なら、

それを理解、利用して他人からの評価をあげることができるというのが、

このふろむだ氏の著書から得たものである。

錯覚資産を作るにはどうする?

外見や人柄などの第一印象を良くする

人はまず見た目で判断してしまうというのは誰もが知っている事実だと思う。

ハロー効果によりイケメンや美女、清潔感がある人は全体的に優れていると勘違いさせることが必ずできてしまう。

CMや広告で有名なイケメン俳優や美人女優を使用することが多いのも、そのほうが信用されやすく売れやすいからだ。

 

挨拶が出来る人は仕事がデキるやつと思われることも多く、他の側面で欠点があったとしても評価され出世しやすい。

自分が多少実力不足だったとしても見た目や印象が良ければ目をつぶってくれることもあるかもしれない。

 

そんなことわかっているよと思うかもしれないが、実際に社会人の周りを見ると

見た目を気にしたり接し方に気を使っている人は少ないと感じるのではないか?

仕事で周りと差をつけるにはまずはじめに見た目や人柄などの第一印象から変えていこう。

何かひとつのことで大きな成果をあげて実績を作る

過去の実績や経歴でも人の評価は簡単にあがってしまう。

良い大学を出れば良い会社に就職しやすくなり、自分が成果を上げたことをアピールすれば転職もしやすいだろう。

 

でもよく考えてみてほしい、たった1回上手くいって成功しただけで評価が上がってしまうのだ。

たった1回の検証で統計を取ったとしたらそれは信用できる情報だろうか?

他の面でも優れていると言えるのか?

そんなわけがない。人はその1回、1つのことでも評価が上がってしまうのだ。

 

つまりあなたのたった1回の成功、成果で一生良い評価を得ることだってできてしまう。

さらにいうと1回の成功で人に評価され仕事が舞い込み2回目の成功の確率が高まるのである。

 

とはいえ1つ目の成果をあげるためには、それなりの努力が必要であり効率も上げなければ難しい。

そこで成果をあげるために選択する力を身につけ徹底的に無駄を省いてひとつの物事に集中する思考が必要だ。

 

その方法を知りたい方は以下の「エッセンシャル思考」を読んでほしい。

Amazonで星4.5で評価も高く、この本を読めばあなたの視野は確実に広がるはず。

錯覚資産を持つと本当の実力もつく

あなたが勘違いさせる力を身につけ錯覚資産を持ったとき、あなたの評価は上がる。

評価が上がることでさらに重要な仕事を任されたり、良い経験が得られる。

そうすると元々実力があった人より、実力があると勘違いさせていたあなたのほうがいつの間にか本来の実力が上がってしまうのだ。

これは自分の実力に自信がない方にとっては朗報である。

卑怯なのではと思うかもしれないが、これが現実だ。

成功のループに入ればこっちのもの。

まとめ

本記事で紹介した例はほんの一部であり個人の主観も入っています。

ふろむだ氏の著書【人生は、運よりも「勘違いさせる力」で決まっている

ではより深く、具体的に説得力がある内容となっており、あなたの考え方と行動を変えること間違いないビジネス本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です